季節性インフルエンザの脅威

通常の風邪よりも症状が重く、さらに感染経路が強いことで知られているインフルエンザ。
さらにインフルエンザは毎年流行する季節性のものと、新しく発生する新型の二つに分けられており、とくに季節性インフルエンザに関しては、例年12月~翌年の3月にかけて流行するとされております。

季節性インフルエンザは早期的な治療で重症化を防ぐことが可能です。
しかしワクチンを接種しないでいると、体力の少ない方は重症化してしまう場合があり、合併症を引き起こしてしまうケースもあります。
季節性インフルエンザの主な症状は38℃以上の高熱、のどの痛み、頭痛、鼻水や関節痛などがあげられますが、これが重症化して合併症を引き起こしてしまうと、インフルエンザ脳症や肺炎などを発症する場合があります。
インフルエンザ脳症は幼児に多く発症する病気であり、発熱後に痙攣や意識障害などの症状が現れ、特に5歳以下の幼児に多く見られます。

さらに季節性インフルエンザの怖いところはその感染力です。
接触感染や飛沫感染が主な感染経路となっておりますので、混雑した電車内、会社、学校、さらには家庭内でインフルエンザが広がることも珍しくありません。
そして、インフルエンザの治療で患者が殺到している病院などでも、他の患者さんのウイルスをもらってしまう可能性も否定できません。
インフルエンザはA型、B型、C型の大きく3つに分かれていますが、このうち最も感染力が強く、大流行を引き起こすのがA型とされております。
もしも周囲にA型インフルエンザに感染している人がいたら、不用意に近づかない事をお勧めします。
感染した方には少しかわいそうな気もしますが、もしも自分にうつってしまった場合、さらにその人に罪悪感を抱かせる事になります。
そのため看病をするにしても、感染者と接する場合にはマスクを着用し、接触後はきちんと手洗いをする事を忘れてはなりません。

季節性インフルエンザ 予防するには、まずは専門の施設で予防接種を受ける事。
接種を受ける事でインフルエンザに感染しにくくなるだけではなく、もし感染してしまった場合でも症状を緩和する事が望めます。
また、もしもワクチンを受けずに感染してしまった場合には、我慢する事なくタミフルやリレンザなどのインフルエンザ治療薬を病院で処方してもらいましょう。

↓予防にインフルエンザ治療薬を使用したい方必読です
インフルエンザにタミフル:リレンザ(予防投与の効果と副作用)